「カイロプラクティックをしっかり学んでみたい。」

takeda001接骨院を開業して10年間、筋肉を中心とした施術を行ってきました。
40歳になった時、もっと施術のクオリティを高めたいと思うようになり、関節運動学も学べるアメリカのカイロプラクティックが頭に浮かんだのです。
しかし、いきなり壁がありました。
それは、「何処でカイロプラクティックを学んだら良いのか?」という事です。
実はこれが簡単そうで一番難しい事でした。
カイロプラクティックの中で、正しく教える事が難しいと言われるガンステッドテクニック。
私は、バックボーンのしっかりとした先生から学びたい。
なかなか探しても見つからず、辿り着いたのが中濱先生のブログでした。
その内容から、カイロプラクティックに真摯に向き合う姿勢や考え方から、ここなら信頼できると、イントロダクションセミナーに参加させて頂きました。
今でも、先生の繊細で切れのあるテクニックに衝撃を受けた記憶が残っています。
早いもので、それから3年半が経ち、現在、私はアドバンスクラスで学んでおります。
そして、当初から変わらないものがあり、中濱先生の授業はいつも真剣そのものです。
その緊張感は、私たちがカイロプラクティックを学ぶ上で大変重要です。
緊張感からクラス全員の集中力が生まれ、1日の講義はあっと言う間に感じる程です。
私は中濱先生から、技術やサブラクセーションを取り除く事だけでなく、哲学も重要なことを教えて頂きました。
闇雲にカイロプラクティックを使ってはいけない症例も沢山教えて頂きました。
最近、学んだテクニックを使い、患者さんに良くなったと言って貰える機会が増えました。
しかし、諸先輩方に比べると私自身、まだまだ発展途上の道半ばです。
高いハードルがいくつも待っていますが、もっと学びたい自分がここにいます。
これからも毎回課題を持ち、1つずつクリアー出来るようしっかり学びたいと思います。

愛知県 あま市 たけだ接骨院
竹田弘一