5 月 06 2024

アジャストは奥深くて面白い!

ガンステッドは奥深くて難しいから面白い!

 

僕は何事も自慢するのが苦手なので、動画をアップするでも無く

患者と限られた生徒以外、僕のガンステッドを目にすることはない。

だからこそ何ものにも影響されず

より基本に忠実にストイックにガンステッドに拘ることが出来ている。

故にその日々の僅かな上達が奥深く面白いと感じさせるのであろう。


  

単純に椎骨に大きな力を加えても椎骨は正しい位置へと動かない。

ぞうきんを絞るのと同じ!

力強くぞうきんを絞ればどこからともなく水は出る。

背骨も同じでどこでも良いから強く背骨をねじれば...

治る治らず関係なく音は出る。

そして、その結果は...

 

その行為の効能として一時的にスカッとするが、

負の効能?として神経圧迫を促進させ、早く患者を悪化させてあげれる???

治すと言って治療費を取ってこれだから・・・患者もたまったもんじゃない!

 

アジャストとはご存知の通り

X、Y、Zの力のモーメントを考慮し椎骨にアプローチしなければ椎骨は

思っている方向へは動かないのは当たり前!

即ちサブラクセーションやカンパンセーションを語る次元ではない!

日々鍛錬と称し動画を見る時間に費やして、食い入る様に見て見て真似ても

それらは徒労で終わり、後戻りできない我流の世界へ突入!

 

パーマー系カイロプラクティック教科書の一丁目一番地には

「カイロプラクティックは科学である」と記載されている。

残念ながら、

「カイロプラクティックはものまねである!」とは一切記載されてない!!

 

それらのことを考慮すると

僕の治療室で使用している電動ニーチェストは

改めて基本について考えさせられる良いテーブルだと僕は思う。 

 

 

  

カイロプラクティックの名で開業している以上

何事もカイロプラクティックだけで完結しなければ偽りである。

即ち必要と認めた患者には「頭のてっぺんから足のつま先まで」

アジャスト出来る能力が必要であると僕は思っている。

 

 

 

 

お昼にお弁当持って気晴らしにいつもの山里へ。

持ち運び用の簡易スタッフをさっさと積み込み出発です!

 

 

お湯さえ沸かせばスープでもお茶でもココアでも何でもOK。

おしゃれにメステインでご飯を作るのも良いんですが、

なんかカッコをつけてるい様で僕には向きません!

やはりそれはガレージ内で十分。 

 

 

ゴールデンウイーク中、

家に転がっていた端材でストーブ台を作りました。

遊びのDIYですねー。笑

電ノコで板を切断し、やすりを掛けて釘穴をドリルで開けます。

そして、木工ボンドを塗り、ねじ釘を占め込み形は完成!

次にステインを数回塗り、乾いてからオイルで仕上げで全て完了。

丸一日で完成!まるで子供の夏休みの自由工作!

 家内が、出来るまでのあまりの速さに驚いていました笑!!

もちろん出来栄えは中学生レベルです。

日頃から車やバイクで鉄のことは何とかなるのですが、木工は難しい!

第一に真っ直ぐ木をカットできない!これが僕の一番の問題。

アイオワの裏庭に無謀にも大きなベンチを作った時からの課題でした。

人には向き不向きがあるのですが、負けず嫌いな者で笑。

あ~ニーチェストやサービカルチェアーで治療する方が僕にとっては断然楽楽!!

 

 

 

 

では。

 

 

No responses yet

4 月 15 2024

散り行く桜、満喫中!

 先週に続き散り行く桜を見に郊外へ。

先週から一気に気温が上昇し、その後は数日の雨続き。

アッと言う間の桜ですね!

一年を通しての気温の変化に耐え、咲いたかと思えば数週間で潔く散る。

好きですねー、良いですねー。

 

家から30分ほどでこんな景色が見れるなんて幸せです。

家内が川のせせらぎを動画に撮っていました。

あれをいつ観て楽しむのか?(笑)

僕は自重して車内で一服 タバコは吸いません(笑)

 

 

セミナーでのことですが、

僕の所へたどり着くまでにどれだけ時間と費用を

無駄に使ったかは僕には関係ないことで...、

きつく聞こえるでしょうが残念ながらあなたに見る目がなかっただけのこと。

それよりも「今まで習ってきたことで何かおかしい?」と、

気付くこと! 今回それが出来ただけでも Good Job!

 

しかし、ダメなことを過ごしていた時間を取り返そうと

焦って僕に求められてもそれは筋違いでは?

焦りは禁物、今は正しいフォームに軌道修正する為に練習練習!

僕はセミナー屋さんではないので...器用に褒めたり出来ません。

セミナー屋さんに破格の値段を提案しお願いされれば

それなりに受けてくれるでしょう、でも、果たしてそのセミナー内容って正しいの?

まあ、無理でしょうね!

 

僕は何度もブログで「僕はセミナー屋さんではない!」

と言い切っています。

だから

「受講していただく」何て考えは一切ありません。

僕が思っていることは、本人の素直さとやる気のある者で、

「僕がこの人を育てたい」と思える人に教えたい!

つまり、僕を心底から必要としてくれる人、

ただそれだけです。

 

サービカル・チェアーテクニックひとつをとっても、

見た目は誰でも簡単に真似が出来ます。見た目はね!

しかし、力を掛け頸椎が動き始めた数ミリ先のところに

神経と血管が隣接してます。

そのことを十分に理解させるためには「十把一からげ」の指導では無理。

屁理屈を言う人ならここで

「なぜあなたはパーマーで沢山の人が集まる場所でそれが出来たのですか?」と、

ムカつき顔で言うでしょうね?

そう思われてるムカつき顔のあなたへよりムカつき顔でお答えするならば、

パーマーではテクニックを学習する前に必須条件として人体解剖学をさせられます。

ガラス越しに見るだけで終了ではないですよ!

手で触らせていただき確認させていただく。

そしてそれを記憶して実技&筆記試験を受けさされる。

それだけではなく、超細かく神経系を学習させられそれらをクリアした者だけが

テクニックを学ぶことが許される仕組みとなってます。

だからテクニックを学ぶ生徒は全ての人体構造と機能を詳しく記憶させられた為に、

テクニックがどれだけ危険と隣り合わせだと言う事を重々理解しています。

それ故、マウントハーブで一度に50人近くのテクニックセミナーであっても

 主催者は何ら心配していないと言う訳です。

 

 

しかし日本は話が違う!

いったいどれだけのガンステッド治療家が人体解剖を受講したのでしょうか?

見学ではダメですよ!

薄手のゴム手袋で触り感触をつかみ人体の尊さを知る。

本を見てその気になって行ってもかなりの開きがあると思いませんか?

レシピを見て作っても本物を食べたことが無いと話にならないでしょ!

同じことなんです。まぁ、法的に無理な事を書いてすみません。

しかし患者さんに良い結果を出す為には

それぐらい深部のことを把握しながら行わなければならいということなんです。

 

だから僕はやる気のあるカイロプラクティック初心者、

過去に習得した物事を忘れることが出来る者を選抜し、

一つ一つを確実にその人の学習速度に合わせ伝えています。

だから他所で作った損益を僕のところで焦って取り返そうとしても、

見破られてそのことを軌道修正出来ない方には存続不可能となります。

 

とにかく僕を信じて僕の技術に頼って来る者だけを選抜してます!

何かしらの免許をお持ちだと胸を張りおっしゃられても...。

ダメなことに気付いてプライドを捨て、

それまでのことと決別した整体師やカイロプラクターの方達は

真っ直ぐこちらを向いてくれます。

 

 

 

 

話は変わり、

桜を見た帰りに家内とランチをしました。

患者さんご推薦の場所です。

凄く静かで良いところでした。

 

 

どちらかと言うと

ラーメン大盛り、お肉多め、醬油辛いめ。

そちらの方が僕にはピッタリなんですが、

たまには良いですね、似合いませんが(笑)。

 

 

 

 

では。

 

 

No responses yet

4 月 08 2024

桜のシーズンの日曜日の日中、

嵯峨嵐山駅の南口を出て10分ほど歩くと

渡月橋辺りはこんな光景で…。

んなはず無い!  

無い無い無いわ~!!

この様な閑散とした光景はその時間帯には残念ながら不可能

日中観ることが出来るのは海外からのお客さんばかりです。

秋の紅葉よりは少しマシとは言え、それでもこの時期も中々のもの。

日本の経済が復活し僕が留学していた頃の

あの1ドル70円台の円高にならないかな~。

な~んてことを呟くと、潤っている方々からお𠮟りを受けてしまいますね。

 

実は月曜日の早朝に家内に叩き起こされ

雨が降る前に花見をしてきました。

嵐山、渡月橋、大覚寺、高雄、見慣れたいつもの風景なのに

桜に癒されるのか心に潤い?

まぁ良い変化を与えてくれました(笑)。

 

観光客の溢れてる嵯峨嵐山駅の北口を出て10分ほど歩くと

限られた者にはこんな光景が待っていました。

 

 

と言っても、

北口を出て10分程歩いたからといって簡単に参加出来る訳ではありません。

そこには恐ろしい鬼が金棒を持ち、

中途半端な考え方の者を徹底的に拒絶しています。

 

 

何気なしに「試しに」とか「1回だけ」とか「出張で京都に来た」とか

「頸椎だけ教えて欲しい」とか「先生の技術を少し体感させて欲しい」とか、

「見知らぬ方からの患者を紹介させていただきます」等々の言葉を聞かされると

間違いなく鬼は即座に反応し、軒並みお断りさせていただいております。

苦手です、特にニンジンをぶら下げて人の気を引く方達。

 

それに

現在までどの様なカイロプラクティックを受けてきたのか、

また、どの様なカイロプラクティックを学習せれたのか知りませんが、

何かがフィットしないから僕のカイロプラクティックが気になる訳で

全て上手く行き満足をしていれば他所でのことなど気にならないはずです。

僕や僕の患者さんや僕の生徒さんがそうである様に!

 

患者さんも生徒さんも

僕が選りすぐった方達だけに僕のカイロプラクティックを届けたい!

対価だけで何とかなる様な希薄な考えは方は僕は持ち合わせておりません。

僕は友人から貰ったガブリで満足してますから!

 

 

 

 

では。

 

  

 

No responses yet

2 月 26 2024

身の丈に合った施術を!

遅まきながら、今年もよろしくお願いいたします。

 

前回のブログ内容の影響?なのか、

どの有名人を治療していたかも分からない内容(笑)のブログ。

それを読まれた酷い状態にまで追い込まれた患者さんからの

お問い合わせが多々ありました。

 

知識も技量もないのに、ヘルニアや狭窄の方を10回程施術し、

頼って来た患者の状態をより悪化させ放り出す…。

最後の言葉はどいつもこいつも「私の所ではもう無理です..」だそうです。

患者の立場から言わせて貰うなら、それはないわ!!

もし、無理だと言うなら施術前に問診の段階じゃないでしょうか。

自分のこれまでの経験、医学的知識、アジャストに特化した技量、

これらを考慮すると瞬時に答えは出ているはず。

自分では無理!!だと分かってるでしょ?

しかし、経営的なことを一番に考えて己の能力も顧みず受け入れてしまう。

「鵜の真似をする烏、水に溺れる」です。

 

先のことを少し考えれば「手術が必要だ!」と医師に診断されたものを

なんで整体師やカイロプラクターが治せるの?

パーマー大学で学んだD.C.(悲しいかな治せない者もいます)と親しくなり

時間を掛けて手取り足取り指導を受けていれば話は別ですが!

中々そんな恵まれた環境の弟子や生徒は皆無だと思います。

但しうちの弟子生徒はこの限りではありません!!

 

世の中には見かけだけは立派なカイロプラクター達が多数います。

患者さんはモルモット?ではないでしょ!

そのことをくれぐれもお忘れなく。

 

40年以上前、

山の様に存在したカイロプラクティックを志す者。

ただ見たものだけを繰り返しサルの様に必死に模倣する者達。

そんなカイロプラクティックを学んだ者達が

どのくらいの割合で現在もカイロプラクティックのアジャストのみで

生計を立てているでしょう。

もしその方達がそれぞれに正しい結果を出していれば

この2024年現在は

その教え子たちが治せて職業として食べて行けるカイロプラクターとして活躍し

世の中の腰痛、ヘルニア、狭窄、坐骨神経痛、手のしびれなど

医師に次ぐ立場で世の中に貢献していたと思います。

ところが現実は、

志した者の10分の1まさか、100分の1まだまだ、1000分の1ぐらいしか

世の中に貢献していないのが現実だと思います。

それどころかメディアに取り上げられたというと

洗脳、盗撮、不正請求といったものばかりで

とてもとても尊敬に値する職業ではない!

 

40年以上前から続く

「馬鹿でも技術さえ出来れば成功できる!」と言った

間違った考えを正さない限り同じ歴史は繰り返される。

「技術さえ」ではなく

「確実な医学的知識があり、その上で正しいアジャスト技術があれば」なのです。

だから

「勉強が苦手でも手先が器用だから努力すれば成功する!」するかー。

舐めるなカイロプラクティックを!

 

特に僕はコロナ以降僕の教え子たちを

患者さんに頼りにされる治療家に成ってもらう為に

普段決してレギュラーカリキュラムでは取り入れない

Bグループを重視して教えてます。

ゆえにまだまだ不十分ですが

この写真に納まる仲間たちは全方向死角なしです!!

なんなら僕の生徒と勝負して見ますか!! 負けないよD.C.でも!!!

僕が甘やかさず無農薬で一人一人を育てていますから!!

 

  

仲間たちと3年ぶりの懇親会です。

東京、千葉、埼玉、神奈川、愛知、石川、京都、大阪、兵庫、岡山、鹿児島、etc。

全国から集まった仲間達で楽しく和気あいあいと過ごしました。

もちろん先日のTV出演時に

アンガールズ田中さんに百会攻撃したキングダム先生もいます笑。

 

 

ただお酒を飲み自分を自慢し人を愚痴る場ではなく、

前へ進むための場として僕は設けています。

つまり自慢するなら家へ帰れ、愚痴るなら二度と顔を出すな!

成功した報告なら喜んで聞く。

つまりこの場はカイロプラクティックを語る場。

patientについて語り合う者、

自分のどこがダメなのか腹を割って先輩後輩に聞く者、

どのようにして今診ている患者をより良くするか聞く者、

そして、勇気を出して僕の前に座る者。

僕がそうだったように

せめて僕の所ではカイロプラクティックだけにはまって欲しい。

そうです、パーマー卒業生なら必ず分かります。

パーマー大のピザパーティーのこと、まさに僕の所はそんな空間なんです。

お互いライバルであり、お互いが仲間!

一致団結し壁を破る!その為に個々が切磋琢磨する。

数合わせの生徒なんか必要ない!

成長したいなら緊張する。

緊張するから心の奥までアドバイスは届く。

他人に注意する以上、常に僕自身も緊張しています。

おざなりなんて行為は僕の所では即退場。

女子達もバーキン、ケリーを目指し頑張ります。

 

 

震災中心部石川県能登町からの参加のカイ君。

震災に負けることなく、

明るく、たくましく、少し大きくなった様な気がします。

僕が子どもの頃に沢山の時間を過ごした地域出身ということで、

来た当初から

特に彼には親近感が沸き、成長させるために厳しく接して鍛えて来ました。

こんな状況下だからこそ培われた彼の芯の強さが現れた様に思います。

今では少しは頼りになる男になってませんか? キングダム先生?

 

おだてて、甘やかし、現実逃避させ、あなたは偉いんだ!って、

そんな教育方法は僕には不要、クソくらえ!

甘やかされた教育で現実を知らされないカイロプラクターが患者を壊す。

教えるものは責任を持って指導せにゃ。

また学ぶものは素直な気持ちで学ばせにゃ。

僕の所では素直じゃない奴は公開処刑。

ボチボチ、数ではない質の教育をしないとダメじゃないですか?

カイロプラクティックに携わる者として常にそう思っています。

 

たとえうるさくとも厳しくとも

それが本当の優しさだと分かってくれれば人は付いて来てくれます。

生徒にニンジンをぶら下げて釣らないこと。

大したニンジンでもないのに!笑

身の丈を伸ばしたいなら勇気を出して、

僕の所はニンジンに目もくれない仲間たちの集う場です。

 

 

では。

 

 

 

 

P.S. みんなほろ酔い加減! 仕切る新村君もほろ酔い大変!!

      それでも統制が取れていて素晴らしい。

    3年ぶりに皆さんと良い時間が過ごせました。ありがとうございました。

      その後、どなたも日頃の行いが良かったせいか

   インフルエンザもコロナの感染の報告もありませんでした。

   皆さんご苦労様でした。

   次は夏にバーベキューをしよう!

 

   四つ葉のクローバーで良いことがありますように!

 

 

 

 

 

No responses yet

12 月 31 2023

年の瀬に

2023年、沢山の方にご配慮いただきありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

 

この12月、僕はカイロプラクターとして、

大きく成長させてくれる締めくくりの月となりました

 

恩師、大先輩D.C.、そして勿論のこと師匠、

各々が各々の形でサポートしてくださいました。

61歳の僕でもまだ伸びれるということを実感。

ただし疑わず素直に話を聞く心構えが無いと

誰も自分の弱点を教えてはくれません!

言い換えれば

「ただ年だけ食った頑固者には救いの手は差し伸べられない!」

それは年齢に関係なく。

自分にとって一目置くことが出来る人がいることはありがたいことです!

 

9月中旬、師匠から電話があり

「僕の患者のさんを紹介するね~」って。

いつもの様に軽~く言われました。

 

今年に入ってからも、

師匠の身内、ミュージシャン等々を紹介していただいています。

ありがたいことですが、かなりのストレス笑。

信じられないでしょうが師匠は

僕のユーチューブなかなか評判良いんだよ!」なんて報告も。

 

僕が師匠から独立し21年以上、

一切目立たず出しゃばらずそして誰と組むことなく、

自分の目指すカイロプラクティック道を突き進んで来ました。

表だったお付き合いをしていないので、

許可なく自称弟子だと語っている人達には

僕と師匠の関係性は信じられないと思います。

 

僕は1986年に師匠と出会い、

1987年、江戸橋治療室から給料をいただき弟子としてスタート。

後にパーマーの後輩となるツインズ達はその頃まだ幼稚園児でした。

 

我先にと師匠に気に入られ良いポジションを掴み取り

一日も早く師匠の技術を完コピーし故郷へ錦を飾る...

それが弟子の王道であり、当たり前の時代でした。

でも、弟子時代の僕は他の先輩達とは明らかに考えが違いました。

 

それはというと

僕は師匠と出会う前に指導者を見誤り

一度大きなつまずきを経験しています。

それ故「早く帰郷し」とか「故郷に錦を飾る」とかは全く眼中になく

それよりもむしろ

「人のコピーではない自分にしかできない治療家に成りたい!!」と、

強く願って東京へ出ました。

だからその当時の諸先輩方の行動が滑稽に見え、

師匠に取り入り完全コピーを成し遂げたとしてもそれは原本ではなく

それは永遠にコピー。それは所詮コピー。 

当時あれだけ上手に技術をコピーされていた先輩達は

38年経ってどうされているのか...。

 

当時の僕は、

将来的に唯一師匠のコピーをコピーとしてではなく

自分のものとして引き継ぐことの出来るのは

僕の胸ぐらいの背丈で黄色い鞄を持った

幼稚園児のツインズしかないと考えていました。

DNAが師匠と同じですからブレずに努力さえすれば

必ず彼らも師匠レベルに成れる。

 

諸先輩達の行動を見てはっきりしたことは、

「僕が目指すものはコピーではなく

 自分にしか出来ないカイロプラクティックを習得したい。」

その為には

DNAと関係しない師匠の治療哲学を学習させてもらい

そしてそれらをベースに師匠が感銘を受けたB.J.、ガンステッド哲学を

師匠が勉強されたダベンポートの地で厳しい環境に耐え掴み取る。

同じ試練を味合わないと本物には近づけない。」

 

弟子になった僅か1年半後の1988年に師匠に暇を頂き、

観光ビザでパーマー大学を目指しました。

あり得ない話でしょ!バカ過ぎます!!

生まれたての娘はまだ1ヶ月、人生を賭けていましたから!

でも、無謀過ぎますよ。

 

観光ビザの英語力しかなく

自動的に留学期間の予定など経たず

ゆっくり進むことしか許されません。

しかしそのお陰で

短期間でストレートで卒業した人達では絶対に学べないD.C.達から

直接教えを乞うことが出来たのが幸運でした。

有名どころのD.C.のトラキセル、先代コックス兄弟、バーンズ、ボベー、

ストラゼスキーetc。

特にトラキセルは師匠の学生時代のパーマー大テクニック部長。

かなり優しくなってはいましたが、同じことが学べるのです!

ありえない話でしょ。

 

だから

師匠の完コピーが出来ない僕が、

師匠のアジャストを求めてやって来る有名人を

仕事で京都滞在中の約一か月間、師匠の代役を務める。

それはもう悪夢でしかない事実!

 

11月終わり師匠から紹介の方がやって来られました。

テレビで拝見するイメージとは180度違い

とても低姿勢な態度で頭を下げられ「宜しくお願い致します」と、

言ってくださいました。

これはなかな初対面の者にとれる態度ではない!

まして僕がどの程度のアジャストが出来るのかわからない状態で

師匠の言葉だけを信じ僕に最大限の敬意を払ってくださる。

紳士です!

「この方に頭を下げさせたことを後悔させたくない!」

ましてや「師匠に恥をかかすわけには行かない」

との思いで最善の努力をするしか無いと腹をくくりました。

 

そして来られてから数週間が経った頃に僕の休日を配慮した席をいただきました。

プレミアが付きの取れない席なのに...。

ご本人よりそれをを頂いた瞬間、僕はやっとホッと出来ました。

 

しかしこれから疲労を伴う後半戦が続きます。

油断は禁物、自惚れなんてもってのほか!

 

そして治療最終日。

深々と頭をさげられ 

「ありがとうございました。

 これからも京都の折にはよろしくお願いします。」と、

頼まれました

 

その言葉を聞き僕は今度は本当に緊張がほぐれ

これで師匠から託された使命は終ったと実感しました。

 

直ちに師匠に電話。

報告完了。と同時にミッション終了。

師匠は嬉しそうに僕に感謝の言葉をかけてくださいましたが、

こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。

 

今回の更新において

師匠や患者さんにご迷惑を掛けられないので

お抱え弁護士(エクスカリバー)の息子から厳重注意され

アドバイスを聞き入れました笑。

人物を特定するのはダメ!あれダメ!これダメ!ダメ、ダメ、ダメ!

よって載せていた写真はすべてアウト!

今回は変わり映えしないシンプルなブログです。

僕はこれでもコンプライアンスを重視しています笑。

一応 医療人ですからね。 

 

結局「誰を治療してたんやねん?」と言われても・・・、

守秘義務がありますから・・・笑。

信頼関係でこの仕事成り立ってますから・・・笑

 

今まで来院されている患者さんや生徒さんは、

一緒に映る写真が治療室にあるので分かってもらえます。

(超有名人なので驚かない様に!)

ご本人が快く「写真を治療室やどこにでも飾ってください!」

とのお言葉をいただいていますから、また見てください。

(くれぐれも勘違いしない様に、師匠の患者さんですからね!)

 

 

 

D.C.に成り26年、カイロプラクターになり39年。

今回の患者さんは僕よりも若いのに

一つのことを志されている経験年数では僕より大先輩。

どんな仕事も山あり谷あり。

辛いことがあるだろうけど志があるから逃げず立ち向かう!

何事も同じだと僕は思います。

 

僕の弟子達、生徒達にいつも言っていることなんですが、

「カイロプラクティックで治したい!」という志を忘れぬ以上

厳しいですが僕がしっかりと支えます。

僕が先輩達に支えてもらったように。

 

 

 

では良い新年をお迎えください。 

 

 

 

No responses yet

11 月 28 2023

Welcome to Kyoto !

先月のことですが、

Dr.バードセルとの再会を果たしました。

何十年ぶりかで、それも僕の治療室で。

上村先生がデーブを連れて来てくれたんです。

でもその前に面白い話がありまして。

 

午後3時過ぎ

「今、渡月橋近くに居ます。 

 えーと、いつヒデが迎えに来てくれますか~?」と、家内の携帯に

上村先生から連絡が入りました。

僕は少々切れ気味に独り言で、

「この時期、紅葉の嵐山の混雑を先生は舐めとる!車で?ムリムリ!

それを聞いてた家内はそのことを十分理解しており、

一目散に携帯電話だけを持ち、

3人を迎えに慌てて渡月橋を目指しました!

それも自転車で笑。自転車で行くか~笑。

そして何とか中間点である嵯峨嵐山駅で会うことが出来ましたが、

事情の掴めない先生達は、

「・・・なんで自転車?それもママチャリで、一人で、1台だけで?」笑。

おまけに急いで家を後にした家内は財布も持たず

10数年ぶりに合った上村先生に挨拶もそこそこで、

いきなりかけた言葉は、

「先生!小銭あります?駐輪場代の小銭借してください!!」

いきなりのお願いをしたそうです。

ロスの豪邸にお住まいの先生に小銭のおねだりです。

「ところでヒデ君は?どこ?どこ?」の声をおねだりでかき消したみたいです。

僕はもちろん家でのお出迎えです。

 

この会話すべてノンフィクションです。

この会話の内容から

僕らと先生達との付き合いの長さが解ってもらえると思うのですが。

 

 

話は戻り上村先生とDr.バードセルと知り合ってから...もう39年。

特にDr.バードセルに対し一度もドクターと呼ぶことはなく

昔から僕はデーブと呼んでいます。

僕の師匠と同時期のパーマー卒の先生ですから

本来なら必ずDr.バードセルでないといけないのですが、

カイロプラクターである前に僕のことを友人として見てくれているので

それに甘えデーブと呼ばせてもらっています。

うちの師匠と知り合う前からの付き合いなので今更ドクターとは言えないし、

逆にそう言えば本人から今更なんで?水臭いと叱られてしまいます。

カイロプラクティックの大先輩であり、

そしてアイオワの友人になります。

 

デーブは治療室を見て アメイジング と連呼してくれました。

そして僕の治療室に掛けている種々のB.J.写真にあやかり

「HIOの手で記念撮影しよう」と、デーブが言いました。

上村先生と僕は慌ててポーズ・・・パチリ!

それぞれ70年代、80年代、90年代のパーマー卒業生で、

僕からすると怖い下の兄貴に優しい上の兄貴みたいな関係なんです。

(師匠と同期なのに許されませんね!スミマセン!)

 

初めて出会った39年前、

ただの出来の悪い柔道整復師&鍼灸師だった僕のことを知っている二人が、

僕の治療室やセミナールームにやって来て

 I’m proud of you. 

その言葉を言ってくれたので

ここに至るまでの39年の苦労が吹っ飛びました!

両先生達からすると、

僕がここまでストレート(海外とは少し意味合いが変わりますが)にこだわって

カイロプラクティックを行っているとは

良い意味で想像していなかったのでしょう。

 

パーマー卒D.C.と名乗って

カイロプラクティック一本で開業していると宣伝しても

低周波やマッサージ、鍼灸治療や健康保険で強いては回数券販売まで。

外部にさえバレなければ何でも隠れてやってやれ!!って

な~んてモラルのない昨今に成り下がっている様ですからね。

 

 B.J.パーマーはカイロプラクティック哲学を重んじるが為、

鍼灸治療等のカイロプラクティックアジャスト以外一切行っていません。

そして言い換えれば

「カイロプラクティックを極めれば

 カイロプラクティックアジャストだけでも治癒に導ける!」

 

僕ら後世の後輩にパーマーでの授業で伝えてくれたはずなのに。

なんで卒業するとみんな基本原則を忘れてしまうのか...。

その様な方達は恐らく在学中に筆記テストはold exmだけに頼り

技術においても中途半端な勉強しかしていなかったのでしょう。

心当たりある人手を挙げて~、沢山おるな~ってか?

何に目がくらんだのか?

悪い子ですね。

 

 

 

そして先生達にガレージを見せると、

それぞれが「やっぱりこれがヒデや!」と呆れられ、

なぜか上村先生はダベンポートから持って帰って来たZ1を見て

感心しながら写真撮影して、その横でデーブは驚いていました。

 

そして車を見せた時に

僕がなぜこの34年以上前のこの車種に限定して手に入れたかを説明しました。

その話はダベンポートのローカスト通りにある

インターステートブックから始まります。 

 

 

治療室、セミナールーム等の案内が終わると次は河原町へ。 

上村先生夫妻が買い物をする間は

僕がデーブにカイロプラクティックの質問をする時間です。

さすが師匠塩川先生の同級生、

この場はデーブではなくDr.バードセルへと変身し、

カイロプラクティックマニアのヒデに特別極秘tutorしてくれます。 

すると脳が覚醒し、 

忘れていた埋もれていた記憶がドンドン蘇って来ました!

ホントです!

 

僕の生徒達なら分かるでしょ!

君らが忘れた頃に僕がランダムに質問する。

すると慌てながら頭の中をシャッフルさせ答えを導き出す。

そうです!頭の回路を確実に太くする作業なんです。

カイロプラクティック思考に速く対応させる為に行っているんです。

分かるか開君? いじめとるのとちゃうで!笑

僕も在学中Dr.PaoneやDr.Bedfordにしごかれてました。

だから今、カイロプラクティック以外のものを使わずとも

患者さんと向き合える知識と技術と応用力が身に着いているのです。

 

僕は僕を慕ってくれる生徒には

「何でも屋のカイロプラクター」に落ちぶれて欲しくない!

だから一分一秒、真剣なんです。

それを怖いと言われても・・・笑

 

上村先生はタッタ・タッタと速足で八坂神社奥へとへ突進して行くし

デーブは僕に道は分かっているのか?と不安げに聞きます。

僕はすかさず That’s what you did. と笑います。

 

 

 

恐らく僕は39年前にこの二人と関りを持たなければ

その後カイロプラクティックを職種にしていなかったでしょう。

上村先生が僕を叱り、そんな叱られた僕をデーブが慰める。

英語が聞き取れない僕に

デーブは必死に上村先生の思いやりを

身振り手振りを駆使して時間をかけて説明してくれてました。

だからこの二人のD.C.は師匠でもなく単なる先輩でもなく

今僕がここに生活できる基盤を与えてくれた出発点の恩人なのです。

 

だけど、師匠ではないので僕は二人に対し態度がでかく、

上村先生の15人の弟子達でさえ言うことの許されない

「なんでやねん!」「おかしいやろー」と、僕は無神経に突っ込んでます。

どうです羨ましいやろ~、先生の15人の弟子達よ!

何かあれば代弁するで~笑。

 

 

P.S.  大変遅くなりましたが来年度の募集を行います。

   4名のみの募集となります。

   興味のある方はお知らせを見てください。

   肩書ではなく質に拘った食べて行ける

   カイロプラクティックを教えます!

 

 

 

 

 

 

 

No responses yet

9 月 22 2023

頭をリフレッシュ!

夏恒例の勉強会を催しました。

ガンステッドニーチェスト腰椎に特化しました。

L1, L2, L3, L4, L5.

Spinous process.  Mammillary process. 

その人の椎骨の状態により組み合わせが変わり、

サブラクセーションかカンパンセーションか?

ここまでなら誰でもが考えに及ぶでしょう。

それで満足している様ではまだまだ三流!

 

術者のポイント、患者のポイントを詳しく述べていましたが、

そのことを書き終わり冷静になって見返して思いました。

今回連休と言う家族にとって大切な休日を

時間を割いて参加した彼らにアドバンテージがあって当然ですが、

参加してない者まで救済する理由はない。と、ふと思い

長々と列挙したものをすべて削除しました。

 

僕の経験から簡潔に言えることは

中部胸椎の数十倍、胸椎1番の数倍は難しいので

残念ながら教えを乞わず

独学での一流を目指すことはほぼ不可能な課題になります。

もちろん

ただ音がポキッと鳴って、「先生きもちいい~!」なんて、

前回話したTikTok程度の施術で良ければ

1時間も練習すれば素人なら騙せるでしょう。

ただその代償として数か月後から徐々に始まる側弯、狭窄、腰椎症。

運が悪ければその行為の瞬間に腰部急性ヘルニア、部分的骨折。

どちらにしてもいろんなものが総出でお出迎えしてくれます。

「賑やかになって良かったね~!」と、笑える話ではなく、

これから一生涯その壊れた患者達を背負わなければなりません。 

 

 

 

世の中広しと言え

カイロプラクティックの技術指導において

僕の様に嚙み砕いて指導する者はいません。

特にガンステッドなどありえない!

なぜならセミナーを何度も何度も受講してもらわないと

セミナー屋は飯が食えない!

これが僕がアメリカで経験から得た知識です。

何度も言いますが、

僕はカイロプラクティックに特化した治療家であり

セミナー屋ではない!

故にこの公式は僕には当てはまりません!

 

マジックのビデオをコマ送りで見れば種が見えるものもある。

しかしコマ送りされたビデオでさえ100%見えるとは限りません。

つまり、その時のマジシャンの心まではビデオには映らない。

要するにマジシャンの行動で見える様にも見えない様にも自由自在!

だから返事をしてくれない参考資料を見て毎日死ぬほど努力をしても

その映像を100%コピーしただけで、

その技術をマスターしたとは到底言えない。

もう既に40年も前に同じことを試しましたから、この僕も!

独学では無理なんです。

 

40年前、僕の祖母がお昼の料理番組を見て夕食にそれらが出て来ました。

それはもうまずいことまずいこと。

祖母曰く、「演者のは金子信夫は美味しそうに食べていた!」。

そうですこの言葉をきっかけに

夕食時には毎回祖母とけんかになりました。

僕は祖母に

「味見が出来ひんやろ~。自分で見本の味を確認できひんものを

 人に食べさせるな!そんなんええから普通のご飯を作って!」と。

 

まさかカイロプラクティックを学ぶにあたり祖母の逆教えが、

僕の手助けになるとは思ってもいませんでしたね。

患者が僕で先生が祖母で金子信夫がビデオの人ですね。

そんなんええから

ちゃんと美味しいと自分が納得確認したものだけを習って作って~。

 

 

この噛み砕きの方法がここ十年弱、

僕がこだわって指導していることです。

言い換えればここ7~8年でかなり僕の指導方針が変わりました。

僕がこの数年で進化していることを

長く一緒にいるインストラクター達なら分かっていると思います。

 

そうそう数か月前にも問い合わせがありました。

「現在他校でガンステッドを習っているのですが、

 どうも上手く行かず先生の所へ途中入学させてもらえませんか?」

結論からすると「無理」となります。

その学校を受講する前に既に僕の所が存在したわけで、

それでも貴方はそこの学校を選択したわけですからね。

途中から引き続き僕の基でテクニックを習得と言うのは甘い考えです。

それに途中からなんてどちらにも失礼だと思いませんか?

 

  (ホームページは14.5年間更新していませんから

  以前のまま12名募集とあります。

  しかし現在はお知らせにて告知している

  少人数しか毎年募集はしていません!)

 

僕の指導はマンツーマンで、

例えるなら、万里の頂上を頑丈に仕上げる為に

土台の石を一つ一つ正確に一挙一動の見本を見せながら積み上げています。

半年間他校で同じものを習ったと言われますが、

監視され指導を受けるレベルが天と地ほど違うと

自負しております。

 

It was a little too late.

I can’t do anything.

Please try on your own. 

I regret it if I had contacted you by March. 

 

 

 

 

「噛み砕いて技術を指導する」と書くと、

「じゃあ僕も必要なところだけ学びに行こう」

って軽く思われる方もいるでしょう。

先程の問い合わせの方と同様

「セミナー代払えば小さい所だからどうとでもなる。」

な~んてチョット頭を横切り思いますよね?

小さい所だからこそ・・・無理。無理ですね。

 

「この人なら教えても大丈夫!」と、

僕がそう確信出来る者にしか僕の技術の暖簾分けはしません。

もう僕も61歳ですからそれぐらいの自由はください。

僕を慕ってくれる人が最優先に決まっているでしょ。

 

 

「僕の命令で右向け右!」

技術習得の為に迷わず信じて疑わず右向けますか??

それが出来ないと僕の指導を受けることは無理です。

 

 

 

何事も苦労せず、

お金では一つの道を貫く強い心は生まれません!

つまり揉まれて揉まれて生き延びるうちに何をすべきかが見えてくる!

そこにはこれで良いのだろうかと言う迷いなど起こらない。

僕の教え子たちには迷いはない!

なぜならそんなくだらないことを考える暇などない。

知識と実技を次から次へと伝えて行く。

そしてそれを持ち帰り宿題とし出来なければ叱られ恥をかく。

そのうちそれを数か月繰り返すと

自分の患者に対し小さな結果が現れ始める。

その瞬間それまでの苦労がほんの少し報われて

また自ら進んで患者の為にもう一段上を目指し努力をしたくなる。

その積み重ねが強いカイロプラクターとしての迷いのない心を作る

と、勝手ながらこんな風に考えています。

僕がそうでしたから!

 

褒められて甘やかされて、

それを鵜呑みにしてプライドばかりが育っても・・・。

井の中の蛙で、

そのことを一般的に・・・可哀想ですが「カモにされた」と言うんですよ!

 

 

 

 

たかだか図の様になっているだけなんですけどね~。

場所が靭帯筋肉に守られた身体のど真ん中、その中と真横に神経が!

外をほぐして温めて緩めても中まで緩みませんね。

鍼を刺して通電しても中まで緩みませんね。

鍼灸師免許有りの僕が言うんですから!

 

将来夜道で刺される意味のない優しい指導より、

将来夜道でライトを照らしてくれる、厳しい指導を心がけています!

理解できる少数派だけで良いのです。

選挙には出ませんので! (笑)

 

 

 

 

では。

 

 

P.S. 10月に入ればごくわずかになりますが来年度の生徒募集をします。

   興味のある方はご連絡ください。

   ダメだと誰も言ってません。

   怖がらず自分の努力で納得したものを掴み取る!

 

  

 

No responses yet

8 月 22 2023

これが大文字の鳥居型!!

今年はテレビではありません!!

 

五山の送り火の一つ鳥居型です。

台風の通り過ぎた直後のせいなのか

空気が澄んで非常にクッキリと観賞できました。

毎年恒例のテレビでの送り火は見送り、家内と二人で特等席で観て来ました。

と言うのも、以前にもここで紹介したと思うのですが、

この場所周辺は特別保存地区にあたり、僕の知る限り53年間は

開発はされておらずアウトラインは一切変わっていません。

 

この辺りは僕のお気に入りのウオーキングコースの一つであり、

また、気晴らしで走る10分程のバイクコースでもあります。

このエリアに足を踏み入れた瞬間…景色が抜けて…

自転車で走り回ってた子供の頃にタイムスリップ! 

 

  

鳥居型と僕らの距離はそれなりにあるのですが、

しかし僕達は勝手知ったる何とかで、

誰もいない真っ暗で田んぼ脇の農道から観賞してました。

燃えている熱こそ伝わって来ませんが、

風向きにより焦げた臭いが流れてきてました。

 

しかしながらこの場所にたどり着くまでには、

沢山の見物人、交通整備をする警察官の方々、

年に一度のことなので、人・人・人だらけ。

安全を考えたら人気のない暗闇よりも人と同じ場所で良いのでしょうが、

なんせ小学2年生の頃より遊びに来ている場所なので敵はいません⁈

敵と言えばマムシぐらい!

 

昼に同じ場所からズームを聞かせて見るとこの位置で、

 

そして、その場所からより近づくと

こんな低い山にいきなり鳥居の文字が存在しています。

 

 

子供頃より8月16日はこんなもんだと僕は習慣化しているのですが、

他府県出身の家内にとっては、送り火が何年経っても気になる様です。

毎年8月16日午後8時20分近くになるとテレビ前から姿が消えて

屋上にあがりビルの隙間から見える鳥居が見えたと嬉しそうに言ってます(笑)。

そして僕はと言うと毎年KBS京都五山の送り火ライブ中継を

涼しい部屋で見て「俺は大文字も観たぞ~」なんてことを言って笑ってます 

 

特にここ2年続けて

ガレージに迷い込んだ野良猫を僕の独断で保護しました。

「のび」と「MOW」です。

この子達のお父さんも長年ガレージにしょっちゅう遊びに来てて、

そうそう以前に写真で紹介した八ちゃんです。 

1年違いのお兄ちゃんで、大柄で凛々しく賢いのび君。

 

まだ1歳になっていない長毛の女の子MOWちゃん。

名前の由来は小さいのに毛だらけ!

肉球の間も毛だらけ!だからブレーキが効かなくて

得意技はドリフト!ホント上手です!

だから「毛」をおしゃれに「もう」そして「MOW」に改名。

アイスクリーム名からじゃないですよ。

 

関東から来る生徒さんなら理解できるでしょうが、

京都の冬はもの凄く寒く、底冷えですよね

もちろん父親であろう八ちゃんも面倒を見ようともせずどこかへ。

生後まなしの子猫が一匹で生きて行くなんて・・・100%無理!

何度も言いますが僕は犬派(笑)。本当です。

そんな僕でさえ保護してやりたくなる寒さなのですよ..京都は! 

 

僕の勝手な決断で保護するのですが、

もちろんその後の病院や毎日の食事やトイレの世話はすべて家内任せ。

僕は一切せず、おやつを上げるだけのタイガーマスクです!

日頃の感謝を込めて少しでもねぎらいたいので、

鳥居を観に行こうと誘いました。

日頃の感謝の気持ち?これは少し違うわ。

正しくはお詫びの方が合ってますね。

 

 

 

 

 

では。

  

 

No responses yet

8 月 11 2023

骨を元の位置に戻すところ、ただそれだけ!

暑いどころではなく、酷暑、猛暑ですね。

またまた久しぶりの更新です。

前回の投降後、

次回は早くしなければと思い早々に書き込みを始め、

気が付けば・・・もうお盆に。

SNSに束縛されていないのでこんなもんでしょう。

 

 

さてと、

今回の書きたいことはズバリ治療室について。

世の中は1億人がそれぞれ己に適した考えを持ち

それなりに構成されています。

そして行って良いことと、悪いことを決めるのが、

個々の倫理感であり法律だと思います。

そこで問題が発生。

ある人が「腰が痛い!」。

この状況で法律で定められた医療行為で特権を持つ医師が

100%結果を出してくれさえすればこんな問題は起こらない。

余談として米国ではこの問題に対応する為、

「D.C.」つまりドクター・オブ・カイロプラクティックが

特権を与えられています。

しかしながら、

日本において法律がなく倫理観も欠落した施術師の基で

何を持って施術とし、何を持って治ったと言えるのでしょう。

痛みが無くなれば治った?

それでは癌の痛みで薬剤を投与され痛みが無ければ治ったですか?

違いますよね!

「すべてのものが原状回復し使用において

 何んの問題もなく機能することを治った」

と定義すると僕は考えます。




受付の電話対応から、寒い冬でも無いのにこのくそ暑い時期に

一体何が起きてそんな酷い状態になったんや?と、

そう言いたくなります。

 

ある者は「十数回D.C.に施術をしてもらったが全く変化なかった」とか、

ある者は「痛み止めの注射を週1回の割で数か月行っているがやはり痛い」とか、

ある者は「昼間は動けるが夜になると曲げられなく曲げると痛い」だとか・・・。

何度も言いますが、

「このくそ暑い季節に施術師は何をしてるねん!」 と、言いたい。

 そして患者さんにも言いたいのは、

「どこまで結果を出せてない人を信じてるねん...」



痛い、曲がらない、しびれてる、感覚が薄い、

これらを簡単に説明すれば

骨がずれて横を通る神経や血管に触って意地悪しているだけ!

そして、中濱カイロプラクティックでは

 「そのずれて邪魔している骨を戻すだけ! ただそれだけ!」



けれどそれが先程にも書いたように、

長年の薬の副作用で正常なものが鈍感を通り越してバカになってたり、

「骨を元の場所に戻します~。」と言いながら、

正しくない他所へ連れて行かれてたり。

「骨を動かすのは危険だ!」と言って原因のずれた骨を元に戻さず、

ひたすら周辺の正常な筋肉をグダグダに緩めてしまってたり。

緩めすぎるとどうなるか分からんかー?!って、

鍼やマッサージの使い方違うやろ!!



どれもこれも答えは簡単!

骨を元の状態に戻せば良いだけ。

原状復帰させれば誰も文句は言わないし陰口を次の先生に伝えない!!

そもそも患者さんは次の先生を探さない!

 

よって最後に

中濱カイロプラクティックはお助け寺ではございません!

原状復帰を強く望む者の為の治療所です。

当たり前のことですが、

京都で唯一、D.C.がカイロプラクティックだけで勝負する治療所です。

本来なら当たり前のことですが..。

鍼灸免許は持ってますがそれに逃げてませんよ。

鍼灸だけで治されている先生方に大変失礼です。

 

それに回数券も買わさないし、サプリも買わせないし、

強制的に次回の予約も取らせない!

全てにおいて優先し決断すのは自分(患者さん)の意志。

故に中濱カイロプラクティックでは

自力で考えられる力を付ける為カイロプラクティック生の様に説明します。

そこから自分で治す為に何が必要なのかを改めて考え直してもらいます。

 

施術を受け様かどうしようか迷う様なら、ほらあるでしょ...。  

「疑わしくは罰せず」ではありませんが、

「疑う様なら(迷う様なら)来ないで!」です。

 

時々目にするホームページに何万人施術したとか、

どんな偉い人を施術したとか、書く必要あるのかな?。

そんな証明できないことは空想でも書けますよね。

 

僕のホームページの目的は

紹介された患者さんが、迷うことなく治療室にたどり着けるか!

ただそれだけ。だから更新も10数年行っていません。

これは自慢することでも無いですが笑。

 

 

 

 

 

前回の更新直後に井上D.C.が会いに来てくれました。

僕はウォーキング後のくだけた格好で 

つり合いの取れてない写真ですみません。 

コロナやなんやらで彼と会うのも久しぶりです。 

連絡は頻繁にやり取りしているのですが! 

僕がパーマ大に入学した29歳の時からの付き合いになります。 

かれこれ32年! そんなに長い付き合いになるのか..。感慨深いです。

彼はまだパーマー大学を目指す20歳の学生で、  

あの頃の僕はと言うと 、入学後僕の英語力不足やストレスで石が出来て

腎臓結石でダベンポートの病院に1週間入院。 

ダベンポートには結石を砕く機械もなく、ただ痛みを収めるだけの無駄な入院。 

1週間後、石を砕けないまま授業へ復帰。

カイロプラクターを目指していても薬に頼ることもあるのですよ。

きつい痛みを薬で誤魔化し我慢しながら授業を受けていたところ、

尿管へと移動。

そんなこんなで学期終盤に決断し日本で治療を受ける為に帰国。 

痛みで苦しんだ期間は一切報われず合計2学期間8か月が無駄に! 

再度授業に戻るもアドバイザーから 

気持ちは分かるが 

 皆に追いつく為に沢山の授業を受けたとしても受からないから」と 

受講可能単位を18単位に制限され、それが その後2学期間も!! 

流石アメリカ、情け容赦はありません。 

必死でもう大丈夫です普通に受けられますと

幾度となくアピールしても認められません! ダメなものはダメ。

過去の成績がすべてグレードAで合格していれば 

そんなことはなかったのでしょうが! 自業自得です。 

そんなこんなで僕の留学はどこを切っても波乱万丈でした。 

 

そんな状況を全て知ってくれているのが井上D.C.です。 

だから彼がそばに居てくれると隠し事をする必要もなく安心でした。 

だから僕は彼に日頃から  

「俺は卒業するまでに同級生達より時間が掛かる。 

 その分、時間は山もりあるし、それを逆手にとって 

 卒業した瞬間に同級生や先輩達を技術でぶっちぎったる!」と

強気の発言ばかりしてました。

 

有言実行で日々モチベーションを上げてセミナー受講に明け暮れていました。

なんせ時間は人一倍ありましたから笑。

 

僕と井上D.C.の関係性は?と問われると...。

カイロプラクティックを通じての兄と弟ですかね?

まさしく上村先生と僕の関係みたいなものですね!!

井上D.C.はアトラスオーソゴナルを僕はガンステッドを目指し、

僕は同じ時代の誰とも違い

短期間に詰め込まされる勉強はさせてもらえず

そのお陰で時間は掛かってしまいましたが、

自分に合ったスピードでリラックスし確実に納得しながら

パーマー系テクニックをすべて習得することが出来ました。

 

負け惜しみに聞こえるかも知れませんが、

時間を掛けてでも周りを貶めることなくパーマー大学を卒業出来たことが、

僕の人生にとって胸を張って言えることです。

(同時期の先輩後輩達よ反省しろよー! ばらすぞー)

 

成績優秀で短期間に卒業出来ても

患者を治せず回数券で来さしている様では...。

僕らD.C.の学んだ医療のカイロプラクティックではないですよ!

僕には関係ないけど、受付に電話口で患者さんが話されてた内容を

後で聞いた時、悲しくなりました。

 

まだまだ書きたいことがあるんですが、

特にTikTokに飛び込んで来た

「落ちぶれて患者集客実技アピールするも

 危ないガンステッドが逆手になってコメント欄で叩かれる。

 数十年ぶりに見たその手技も、

 より拍車がかかり完璧なガンステッドモドキへと進化した過去の生徒!

   見せてる実技と説明していることが180度違う!

 そら炎上するわ!!

 

だからたまには覗きに来いよと言うてたのに...。 

あれはもう戻れないわ。

 

 

 

 

 

では。

 

P.S.  この夏も生徒や弟子たちに色々気遣って頂き

  ありがとうございます。お礼申し上げます。

  熱の入った指導でお返しはその都度しておりますが笑。

  長年僕と歩んでいる生徒。  

  彼がどう思うかは分かりませんが、

  もう弟子の様な生徒ですね。あだ名は教授。

  教授と田中君や僕は趣味の考え方が近く(勝手にそう思ってます笑)、

  高価な物イコール良い物だとは思っていません!

  つまり自分が納得したものを大切に使いたいと思っている者。

 

  彼のクロスカントリーなんて最高ですね!

  実は過去に僕も狙っていたんです。

 

  そんな彼が愛車磨きの為に

  わざわざ車専用高級クロスを送ってくれました。  

 

 

  もったいないからお風呂上りに使わせてもらいます!ってか笑。

  なんでやねん!!

 

 

 

 

 

 

 

No responses yet

6 月 08 2023

超お久しぶりです!

超久しぶりの感激の再会!!

 

 

先日、ロスから一時帰国された上村D.C.ご夫妻に

弟子5人ともどもランチにご招待いただきました。

 

 

僕のブログをお読みの方なら既にご存知でしょうが、

僕がパーマー卒D.C.を目指すきっかけに成ったのが、

上村D.C.です!!

だから僕の中で上村D.C.は師匠とは別枠の、

将来の目標を授けてくれた大恩人です。

 

先生は23歳に成りたての僕を

アイオワ州ダベンポートで𠮟り飛ばしてくれました。

それは日頃僕が生徒を叱る数百倍の威力で、

例えるなら「カイ君を叱る100倍です!」笑。

 

カイ君頑張ってるねー。

 

逃げ場のない、話が通じない、片田舎のアメリカで懇々と。

自分が身につけた資格(柔道整復・鍼灸)による甘えや、やる気のなさを

ことごとく考えさせられました。

 

上村D.C.に出会うまでの僕の知る先輩施術者は

如何に保険で常習的に法に触れない様に複数部位を請求し、

多店舗展開を進め軌道に乗せるかを熱弁する先輩ばかりでした。

資格を取るまでの4年間にそんな話ばかり聞かされ頭がマヒした状態で

上村D.C.の前でアシスタントをしたものですから、

そら! やる気のなさが伝わり叱られるのは当たり前!

何しにアイオワへ来たんや!!ってなりますよね。

「一人一人を確実にしっかり診る」

このポリシーでパーマー卒後アメリカに残り日々精進されている方の前に

その当時の緩いぬるい僕がいること自体失礼な話です。

1985年当時は柔整師の資格さえあれば何も出来なくても

開業すればお金は儲かる時代でした。

僕もその緩い流れで開業するだろうと考えていたところに

先生の厳しい言葉が僕に突き刺さり、一気に目覚めました。

そのお陰で僕は開業後に

柔道整復の保険請求など一切係わったこともなく、

鍼灸治療そのものも行ったこともありません。

そこまでストイックになる必要はなかったのですが…。

 

先生に追いつくためには、

何はさておきパーマー卒D.C.に成らなければ意味がなく、

そしてなによりも開業時には

カイロプラクティック一本、アジャストオンリーで治療を完了する。

そんな夢を目標に立て、

人より長い超ラッキー? 笑 な学生生活を送りました。

負けてたまるか!

いつか追いついて同じ土俵に乗って文句を言ってやる!

そんなことを考えて日々努力するうちに

先生の本意が理解できる様になりました。

 

だってそうでしょ?!

緩い奴なんて放っておけばいい話。

しかし先生は僕に嫌われて逆恨みされるのを承知で

「こいつの考えを正さねば!!」と、

あえて嫌われ者に徹してくれたんですから。

それが段々と分かるにつれて、

自分もこんな男に成りたいと思いました。

あれから38年経ち

あえて僕を頼って来る者には

僕のすべてをかけて全力で叱っています?

 

当時の僕がそうであったように

今どうかなんて関係ないんです!

まずは流れを変えて努力する方向を修正し自分に合った速度で進まないと。

能力は人により違い、

無理したところで自分のものにならなければ意味はない。

それよりも、

最終的に自分の掲げる目標に到達出来ればそれが成功なのです。

僕のパーマーみたいにね!

またその無駄だと思う期間が大切で、

新幹線では絶対味わえないものが各駅停車なら十分味わえるんです。

時間が経てば得したことが分かるんです。

わかるかな~。

 

 

だから上村D.C.は僕の師匠という存在ではなく、

もっと近い怖い兄貴だと勝手に思ってます。

弟子の立場なら連発して冗談も言えませんが、

先生ご夫妻は僕の冗談を笑って受け流してくれます。

ありがたいです。

あのアイオワで過ごした貴重な時間が

こう言う立場を作ってくれているのだと思います。

この関係性を許させているのはきっと僕だけだと自負しております。

 

その怖い兄貴がラインで、

「ヒデ、景色の良い所を予約したぞ。恵比寿ガーデンプレイス38階」

ありがたいのかそうでないのか?

僕の心の中の声は「なんでそんな高い所を予約するん?」

と叫んでいました!

実は僕こう見えても高所恐怖症なんですよ、(;´д`)トホホ。

食後に先生が、

景色が良いからヒデ!ほら!見ろ見ろ!!と言われましたが・・・

僕は渋々ハイと言い、

先生達の指さす先生宅方向を恐々見ていました。

 

 

 

食事後、先生に弟子達の治療をお願いし、

僕らは優雅に先生の奥さんのエスコートで

恵比寿ガーデンプレイス隅々まで案内してもらいました。

奥さんはロスが主戦場のはずなのでが?

まるで地元の主の様!

 

 

僕はどさくさに紛れ

二人を待たせてmy car特集の本を買って合流すると、

「昔とそこは全然変わってないわね~笑」と奥さんに呆れられました!笑

(そい言えば当時、川西D.C.と良くポルシェの話をしましたな~) 

 

その後、再び熱い話と本場ロスの治療を受けた弟子たちと合流し解散。

その後、僕が軽く先生を治療し、

そして先生が僕を治療してくれました。懐かしいーこの感覚!

 

夕食ではまたまた4人でお酒を飲みながら

懐かしいダベンポートの話に盛り上がり過ごさせていただきました。

 

 .

 

知り合って38年。

僕の黒歴史を知ってくれてる貴重な存在のお二人。

僕に対して、何一つ変わりなく当時のまま接してくれる先生達。

熱くて優しくて非常に怖い先生。

その変わらない姿勢に僕は憧れ尊敬し目指しています。

 

「他人のことを真剣に思い叱れる男」

 

 だから僕の生徒へのカイロプラクティック指導は厳しいのです。

上村先生の様にいつも真剣に生きていますから。

 

 「今、感謝されなくても結構。

  数年経てば解るはず… 僕がそうだったように!

  わからない人はただそれだけのことですから。」

 

 

 

 

更新しない間も技術習得は進んでいます。

みんなそれぞれに高い頂を目指し努力しています。

聞けば驚かれるでしょうが、

今年度も僕の娘より若い女子達が

おじさん達に負けじと切磋琢磨しています。

 

 

もちろん彼女達は「一見さん」で僕の所へ来たのではなく、

成功している先輩に憧れて、その先輩のルーツが僕だった!

それが縁で今は僕が彼女達の鬼教官!!風間公親教官とはちょっと違いますが笑。

上村二世が塩川系を教えています。

 

 

力に依存するのではなく、

知識活かした知恵で勝負できる治療家に育てています。

何度も言いますが

僕は施術師ではなく治療家を育てています。

 

 

僕は日頃から「肩書では飯は食えない!」と断言してます。

昨今、D.C.の称号を得たカイロプラクターでさえサバイバルしています

特に法制化されていない日本においては完全な実力主義!

 

僕のカイロプラクティック指導は努力する奴はいつか日の目を見る!

そう思って20年以上指導しています。

重いですか?…、重く感じた方はブログ削除お願いします。

 

僕はこの考えを改めませんから!

僕は辞めませんから!

僕は超しつこいですから!

 

 

 

 

では。

 

 

No responses yet

Next »